育毛剤はどれだけ使うべき?使用期間と効果の関係

たくさん使っても逆効果になるだけ

育毛剤を容量を守って使っているけどなかなか髪の毛が生えてこない、もしかすると使用量を増やさないと効果が現れてこないかもしれない、もしかすると大量に使えば使うほど髪の毛の伸びるスピードが速くなるのではないかと思った方も多いのではないでしょうか。 育毛剤は一度に大量につけても頭皮の吸収できる成分は決まっているのでそれほど育毛の効果には差がありません。逆に育毛剤をつけすぎると炎症やフケ、かゆみなどの副作用を起こしてしまう可能性もあります。 髪の毛の伸びが悪いからと言って大量に育毛剤を一度に使用してしまうと髪の毛が伸びるどころか頭皮にダメージを与える危険性があるので育毛剤の一度の大量使用はやめるようにしましょう。

育毛剤にかかる時間と時間がかかる理由

では、育毛剤で髪の毛が伸びてきたと実感できるにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。
一般に通常の育毛剤で育毛の効果が発揮するには6か月程度かかるといわれています。これだけ時間がかかる理由は髪の毛のヘアサイクルが大きく関係してきますが、特に髪の毛が抜け落ちてからまた髪の毛が生えるまで4か月程度かかります。さらに、乱れたヘアスタイルを改善したり、髪の毛が伸びやすい頭皮環境を整えるのに時間がかかるのでどうしても半年程度は育毛の効果を実感することは難しいのです。
育毛剤で育毛を行う際には、効果がすぐに実感しないからと言ってむやみに使用量を増やしたりせず、長時間根気よく毎日続けていくことが育毛の近道となるのです。