基本は厳守!育毛剤の用量・用法について

簡単に見えて難易度が高い育毛剤

育毛剤には、頭皮の環境を正常にすることで抜け毛の量を減らしながら、髪の毛が成長期にしっかり育つために必要な栄養が補給されるように血行を良くするための成分などが配合されています。当初はAGAの男性向けの育毛剤しかありませんでしたが、今は男女兼用の育毛剤や女性専用の育毛剤も登場したので、年齢や性別を問わず薄毛に悩む人の育毛ケアが可能です。専門クリニックに行くよりも、簡単で低予算で薄毛対策ができるものの意外に多いのが、間違った方法で育毛剤を使っている人達です。頭皮に塗布するだけでいいので非常に簡単に思えますが、各育毛剤に定められた用法と用量を守っていないケースが目立ちます。育毛剤の成分は正しい使い方を守ることで初めて効果を発揮するのです。

アレンジした使い方は禁物です

まず多いのが、少しでも長くその育毛剤を使うために定められた用量よりも少ない量しか使わないというケースです。育毛効果の高い成分をふんだんに配合している高価な育毛剤だと、使い切るのに時間をかけたくなるかもしれません。でも、これではせっかくの育毛剤のパワーが薄れてしまいます。逆に、必要以上にたっぷりと育毛剤を使うのも禁物です。育毛剤は、何か月間も使い続けて頭皮環境を変えることで髪の毛を増やしていくものなので、効き目が出てきたと実感できるまでに時間を要します。だからといって、大量に塗布すれば即効性があるというわけではないのです。かえって頭皮にとっては刺激になります。きちんとルールを守って使うようにすれば、トラブルは起こらないので過剰に不安にならないことです。